クレジットカード現金化で気をつけること

クレジットカード現金化とは、例えばあるお店で何か商品を購入し、その商品を別のお店などで買い取ってもらい現金にするという方法です。
一見してみると、すぐに現金として手に入るのでお得だと思います。
しかし、カード会社によってはクレジットカード現金化を禁止いています。
クレジットカード現金化は違法ではないのですが、カード会社には認められていないためこの行為をカード会社に知られてしまった場合、クレジットカードを利用停止される可能性もあります。
また、クレジットカード現金化を利用した悪徳業者もいます。
例えば、問い合わせで手に入れた個人情報などの顧客情報を闇金などに教えたり、消費者に多額の決済をさせるだけさせておいて現金のキャッシュバックがない、法外な手数料や法外なキャンセル料を払わせるなど様々です。
現金化をする際には、このような悪徳業者であるかどうかに注意しておく必要があります。
せっかくのすぐに現金を手に入れられるという便利な手段にもかかわらず、逆に消費者自身が損をするのは誰もが嫌なことです。
これを回避するためにも細心の注意を払って現金化を行う必要があります。
こう考えると何か損するもののように感じるかもしれませんが、すぐに現金として手に入れることができるという点はどちらにせよ消費者自身にとっては、お得なことです。
さらに、現金化して現金として手に入れるだけではなく、購入した額よりも高値で売れた場合、その差額を利益として儲けることができるビジネスでもあるのです。
そのためにも現金化を行う消費者自身が注意を払って取り組む必要があります。

そして、何よりの利点はここにあります。
それは、お金がなくて困っている時、すぐに現金が必要な時にクレジットカードのショッピング枠の金額内ですぐに資金を手に入れることができます。
もちろん、普通にクレジットカードを利用することと同じなので、後でその金額分を決済日に支払わなければいけません。
これらのことをよく踏まえた上で利用すれば、非常に便利な手段なので利用する際には注意して利用することが大切です。